ちょっと しか はなしBlog

リレーブログ更新

2018.05.28 ちょっと しか はなし


「散歩」のおはなし

青々と茂っていた緑も深く・濃く・そして力強い緑に変わっていく今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は工事課のタカセがブログを担当させて頂きます!

学生時代から自分の趣味の一環として「散歩」をしています。
最近だとウォーキングとも言うのでしょうが特に減量や健康の為というわけでもなくゴールも決めず、
その時の気分であっちへ行ったりこっちへ行ったりとするので散歩という言葉が合っているのかな~と。

よく周りからは「散歩の何が楽しいの??」と聞かれますが、正直、楽しい!!と思える事はあまりありません… ただ普段の悩みやちょっとしたストレスも散歩中は忘れさせてくれ、気分転換にもちょうどいいのです。

 

例えば街中を歩いているとしましょう。
ふらふらと歩いていると色々なお店が目につきます。
「あっ、コッペパン専門店なんかあるんだ」
気が付くとお店の外でまだほんのり温かい揚げパンを左手に持っている自分がいるのです。

「そういえば近くに鶴見川があったな」

川沿いにはジョギングしてるお兄さん、釣りをしてる親子、競馬のラジオを大音量で流しながら
昼寝をしているおじさんなど。

そして彼らを横目に河川敷で口の周りをきなこまみれにしている自分。

「ごちそうさまでした」

食後に川沿いをぷらぷらと歩いてみると

「ボチャン!!!」ビクゥ!

鶴見川の魚はいつも活きがよく、水面を跳ねて通行人を驚かせます。(自分?お、驚いてないっすよ)
段々と下流に沿って歩いていくと水面で泳いでいた親子連れのカモが、いつの間にかカモメに変わっています。
そして川沿いに小型船も停留し、微かに磯の香りが鼻先を通り過ぎていきます。
そう、気づくと東京湾に近づいている事が分かります。

そうこうしているともう周りは暗くなり、生麦の産業地帯の明かりがシックに辺りを照らし始めます。
まるでダンディ映画の主役の気分。

そして自販機で買った缶コーヒーを片手に、一口飲みこう呟きます。

「そろそろ帰るか…」と。

このように歩いてるだけでいろんな出会いがあり、発見があり、同じ道を散歩したとしても同じ表情はなく、
その違いを五感でダイレクトに感じることが出来ます。
皆様もちょっと気分転換に散歩してみてはいかがでしょうか?

リレーブログ更新

2018.05.12 ちょっと しか はなし


昨今、あまり『韓流』という言葉を聞く機会が減ってしましましたが遅ればせながら

今、合間を縫って韓流ドラマに夢中になっております。

ここ数年、テレビドラマ自体あまり視聴することもなく興味もなかったのですが

 たまたま視た韓国時代劇『トンイ』(全60話)が面白く、韓国ドラマの面白さに気付いてしまいました。

 

そこでK西おすすめベスト7をご紹介します。

ベスト7と言っても各々違った面白さがあり甲乙付け難いのですが皆様も機会がございましたら是非

ご覧になってみてください。確実におもしろいです。

それでは、まず1本目

 

星から来たあなた』(2013/21話)現代劇のラブファンタジーです。韓国国内で33%を超える視聴率であったそうです。 

 

2本目は『ファントム』(2012/20話)現代のネット社会を舞台にしたサイバーミステリー。謎が謎をよび…的な感じです笑

 

3本目は『ピノキオ』(2014/20話)ピノキオ症候群の彼女と自分を偽り生きてきた幼馴染の男の子とのピュアラブストーリー

 

本目は『主君の太陽』(2013/17話)傲慢な御曹司と霊視能力のある変わりものの女が起こすラブコメディー

 

5本目『馬医』(2012/50話)17世紀の王朝時代、馬の医者から王様の主治医に成り上がるまでの波乱に満ちた時代劇

 

6本目『太陽を抱く月』(2012/20話)架空の王朝時代の涙なしでは見られない純愛ラブストーリー。46%を超える視聴率だったそうです。

 

最後、7本目『雲が描いた月明かり』(2017/18話)とにかく主演の二人が美男美女。

 

どのドラマも一話見始めると止まらなくなりますので十分お気をつけください。        K西

 

 

 

 

 

 

 

 

リレーブログ更新

2018.03.15 ちょっと しか はなし


今回ブログ担当します工事課の山崎です。

 

2か月ほど前の出来事になりますが、1月の初旬に

人生初めての釣りに行ってきました。

前々から興味はあったのですが、今回いつもお世話になっている協力業者さんたちからお誘いをいただき連れて行ってもらいました。

釣りに行くといったらもちろん道具がいるわけで、まったくの素人なのに

今回道具も一式買い揃えました。

 

 

 

場所は横浜某所です。

当日の朝はちょうど日の出時刻ごろで海がとてもきれいでした。

ですが真冬の朝、海辺ということもあり、素手で針に餌をつけるのに何十分も時間を食ってしまい大変でした。

しばらくして餌付も慣れてきたのですが、当たりという当たりはなく、結果としては何も釣れずに私の初釣りは終わりを迎えたのでありました。

行く前の気持ちとしては、2,3匹は余裕だろうと高をくくっていたのが仇となり現実の厳しさを知った1日でした。

「次回はもう少し暖かくなってからにしようか。」という話で締めくくり、

4、5月のどこかでリベンジをと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年のご挨拶

2018.01.01 ちょっと しか はなし


新年 明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては 輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

また 旧年中は皆様にご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も皆様にとって1番身近な企業を目指し

お役に立てる様 更なるサービスの向上に努めて参りますので

より一層のご支援、お引き立てを賜ります様お願い申し上げます。

皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

 

鹿島環境設備株式会社

代表取締役社長 古谷和弘

リレーブログ更新

2017.10.28 ちょっと しか はなし


人生の定年

今大半の会社が定年60歳で、再雇用があっても65歳までがサラリーマンをやって来た方の終着点ですね。しかし、今日本の人口の約30%はこの終着駅を迎えようとしております。

年金生活では充実した老後は今日の社会福祉制度では到底無理な話ではないでしょうか。

しかし一部の高齢者で優れた技術を持った方や趣味が第2の職業として現役で実践されている方々が私の周りにも沢山おられます。

私も6年前に社長を交代し会長として頑張ってきましたが、昨年会社の隣にあった自宅も元住吉の新居へ引っ越しもしました。

今年で73歳になり、協力会社の社長も3名の方が社長交代や廃業をされましたが、幸い私を含め4名全員が夫婦健在で子育ても終わって今は孫の話で持ち切りです。

4名は今までに培った技術・技能の仕事。

趣味と実益を兼ねた地域貢献等で第2の職場を自分に合ったペースで働いております。

昨年はこの4家族現役引退組で「鹿友会OB会」を作りました。

最低年1回は私の契約しているリゾート施設を利用して4家族8名でゆったり旅行をしております。

昨年は蓼科のリゾートへ2泊し、旅行1日目は4夫婦で富岡製糸場や群馬名産こんにゃく懐石。

中1日、男連は1日中ゆったりゴルフで楽しみ、女連は貸切りタクシーで周辺観光と食事で満喫しました。

3日目はリゾートをゆっくり出発し、周辺の緑豊かな山道をドライブ散策しながら地場野菜即売所で新鮮野菜や地場特産土産を車のトランク満載に買い込み、早めの帰宅としました。

今年はどの方面のリゾートへ行こうかと仲間に逢うとその話で持ち切りです。

これも4夫婦が全員健在で年金に頼らず年齢に見合った仕事をしていればこそと実感しております。

人生の定年はまだまだ遠い先のことではと、職場・趣味に充実した毎日です。

このブログを読んだ方のご参考になれば幸いです。

                           鹿島

 

リレーブログ更新

2017.08.22 ちょっと しか はなし


メンソーレ

今回ブログを書かしていただく、工事課の青柳 と申します。

皆様は沖縄に行ったことがありますでしょうか?

7月末、有事があり初めて沖縄に行ってまいりました。

沖縄が初めてどころが、飛行機すら初めてだったのですが・・・

写真や話では沖縄のことをよく耳にしていましたが、飛行機からみた沖縄の海の色は

「 目を奪われるとはこのことか」と思うくらい今でも鮮明に残っています。

沖縄では、いろんな初体験をしてきました。

ガラス体験・ホバーセーリング・バナナボート・スキューバーダイビング等

その中でもスキューバーダイビングが一番印象に残ってます。

潜った箇所は「青の洞窟」というスポットでかなり有名な所のようでした。

ダイビング中は口呼吸しかできないので、普段鼻呼吸の私には困難を極めました。

最初は海に顔を付けてはパニックになり、潜り始めは

「死ぬ… 死ぬ… 息が出来ない…」の繰り返しで、

インストラクターの方々や一緒に潜った方々を困らせていました。

ダイビングって見ているとすごく簡単そうにしているので、

楽勝と思っていましたが意外と大変でした。

水深1m、2m、3m とインストラクターの方が教えて下さるのですが、途中からはよくわからなくなってきました。

海の中という未知の空間で、呼吸もきちんとできず水圧で耳は痛くなるし体は言うことを効かないし

「船に帰りたい!」と思ってた瞬間、見たこともない魚が手にキスをしてくれました。

とはいっても、インストラクターの方が餌をあげていたようで、破片を食べていただけのようでしたが…

その瞬間、自然と口呼吸が出来るようになっていました。

そのあとは、魚をゆっくりと鑑賞したりサンゴを触ったりと

海の中という不思議な空間を満喫することが出来ました。

今でも目を閉じると、透き通った海の中を思い出すことができます。

自然がこれ以上壊されることのないように皆で真剣に考えなければならないと思わせて貰った体験でした。

リレーブログ更新

2017.07.21 ちょっと しか はなし


この度コラムを掲載致します工事課の天野と申します。

普段文章を作成する事などほとんどなく学生の時以来の文書作成となります。

コラムの題材は特に無く、何でも良いから好きなことを と言われましたが

そうなると余計書き難く困惑する次第でありますが

本来ならば数か月前に自分の番でしたが延ばすに、延ばしていたので

今回は書かざるを負えない状況になり、考えましたところ

こんな言葉が思い浮かびました。

 『子供叱るな 来た道だもの、年寄笑うな 行く道だもの』 

これはカーラジオから聞こえて来たものですが、なぜか頭の中に残っていました。

 『子供叱るな来た道だもの』

私も子供の頃悪さを仕出かし何度も叱られた事がありました。

親も人も子、何度も叱り付けている内に感情的に任せ無闇に叱り付け、

叱られている方は、何が原因だったのかも忘れただ単に叱られ続ける事となり、

こうなると、子供はその場から回避したいと保護本能が働き眠気が襲って来て、

コックリ…  コックリ…  余計叱られた覚えがあります。

 『年寄笑うな行く道だもの』

人は何時しか老いて行くものです。

年寄の言動や、行動を軽々しく笑うのでは無く、優しい心で接してあげましょう。

自分も年を取り、言動や行動を若い者に笑われた時は、心の中で、

「お前らもいずれ年を取ったら笑われ事になるのさ」 と、ほくそ笑んでやりますがね。

自分の今いる立ち位置により、来た道、行く道、を考えさせる言葉打はあります。

この言葉には続きがあるそうで、ご興味をお持ちの方は、検索をしてみては。

 『子供叱るな 来た道だもの、年寄笑うな 行く道だもの』

リレーブログ更新

2017.05.08 ちょっと しか はなし


こんにちは!!

 

今回はサービス課 田中が担当いたします。

 

最近は天気のいい日が続いてますね。

 

散歩楽しいですよね!!

 

元住吉から歩いて10分ぐらいにある日吉公園に行ってきました。

 

 

なかなか長い階段があり頂上まで約30Mぐらいです

 

 

頂上からの景色はなかなかいいです。

 

途中の階段両脇にはいろんな花が咲いているのでいつ行っても楽しめますよ。

 

 

日吉公園降りたところに矢上川があり

 

5月上旬ごろには鯉の産卵がいたるところで見れますよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リレーブログ更新

2017.03.31 ちょっと しか はなし


 

今回は工事課 黒瀧が担当します。

 

完成してしばらく経ちましたが、

なかなか連れていけなかったので

思い切って行ってきました。

 

 

東京スカイツリー

更に近くから撮ると

 

 

 

見上げていると首が痛いです。。。

せっかくなので最上階の展望台まで

 

 

 

 

天気も良く素晴らしい眺めです。

 

 

ガラスの上から

 

 

 

朝早くに行っていたので割とスムーズに入れましたが、

夕方帰る頃には入場待ちで長蛇の列になってました。

 

 

夜景はまたの機会で。

 

 

 

 

 

新年のご挨拶

2017.01.23 ちょっと しか はなし


 

皆様、あけまして おめでとうございます。

 

旧年中は 皆様方に 大変お世話になりました。

御礼申し上げます。

 

本年も 皆様方の お役に立てる身近な企業になれる様

社員一同 力を合わせて参ります。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

古谷